自動車保険選びで迷うことってありますよね。
なんとなく面倒だし比べてもよくわからない。
「わからい」というのは自動車保険に限らず保険全般に言えることかもしれません。

車を所有している限り加入するのが一般的の自動車保険なので、きちんと理解して無駄なく合理的に入ることで随分と節約できるかもしれません。この機会にきちんと自動車保険について学んでおきましょう。

安い保険会社があるかも!?

自動車保険会社はパッと思い浮かぶだけでも20社以上あります。
これだけ多くの保険会社がありますが、補償ということで考えればどこも同じように補償されます。

ある会社は補償されないなんてことは有りえません。

これは一般のサービス業と違い、保険に関しては監督官庁があっての保険設計・勧誘となるためある一定基準を満たなさないサービスの提供はありません。そういった意味では自動車保険選びは簡単です。

安い会社を探せば良いだけということになります。
細かなことを言えば事故時のサポートやその他充実したサポートの有無などがあり、一律ではないので保険料が安いだけが理由で切り替えるわけではないのでしょうけど。。。

見積もりすべきは通販型

まず見積もりすべき自動車保険会社は通販型です。
ダントツでおすすめです。

その理由は保険料が安いです。

一般の代理店型に比べて保険料が抑えられているのが通販型です。
ネットを通じて入る人が大半なのが通販型ですが、窓口はネットや電話など通販ですが、サポート体制は何の問題もありません。

上述したように保険は監督官庁があってのサービス提供となるため、事故時や補償すべきときに保険金が払われないというい心配は無用です。

おすすめの選び方

気になる会社を3社程度ピックアップします。

○○損保や○○ダイレクトなど、よく目にする通販型を選べば良いでしょう。もし仮に初心者で全く見当もつかないということなら、「ソニー損保」と「アクサダイレクト」「おとなの自動車保険」の3社あたりがオススメです。

それぞれ特徴ある保険会社ですが通販型としてシェア率も高く検討すべき保険会社です。

その会社それぞれに個別で見積もりしましょう。
まず最初に1社見積もりしてその結果を印刷しておきましょう。
補償内容をきちんと確認しながら2社目・3社目と同じ補償内容にそろえて比較してみましょう。完全に一致させることができない内容もありますが細かなところは気にせず大枠の補償が同じならOKです。

3社の見積もり結果を参考にしてどこが一番魅力なのか決めれば良いのです。とっても簡単です。